株式会社朝日ラバー

会社情報

HOME > 会社情報 > サステナビリティ > SDGsへの貢献
サステナビリティ

SDGsへの貢献

社会に貢献する企業として取リ組むSDGs

「AR-2030VISION」で掲げたビジョン「社会に貢献する企業として成長し続ける」の達成に向けて、世界共通の目標であるSDGsのゴールを基に朝日ラバーが重点的に取り組むべき課題を整理し、目標を設定しました。

2015年に「我々の世界を変革する:持続可能な開発のための2030アジェンダ」が採択されました。このアジェンダで人間と地球の繁栄のための行動計画として掲げられたのが、17の目標と169のターゲットからなる「持続可能な開発目標(SDGs)」です。

貢献するSDGs 課題認識と目標設定の背景 SDGs達成に向けた目標
持続可能な社会に貢献する企業として、医療・ライフサイエンス分野に独自の技術を活かした製品開発を進めます。また、企業の継続的な成長には従業員の健康維持が重要であると考え、従業員が安心して仕事ができる環境づくりに取り組みます。

2030年3月までの目標

  • ・健康診断受診率100%
  • ・健康診断結果後の再検査受診率50%
  • ・ストレスチェック受検率100%
  • ・年次有給休暇取得日数(平均)15日以上
他社にはない独自の技術開発や多様化する顧客ニーズに対応するには、新しい発想が不可欠であり、そのためには職場環境の整備が欠かせません。特に女性視点での作業改善や休暇取得制度を充実させていきます。
地球温暖化対応のための再生可能エネルギーに関する市場の成長が見込め、当社の技術が貢献できる領域があると考えます。社内のエネルギー使用においても、電力調達において温室効果ガス排出を抑制できるインフラが整いつつあります。
持続可能な社会に貢献する企業として、従業員の健康維持が重要であると考えています。従業員が働きがいをもって仕事ができる環境づくりに取り組みます。

2030年3月までの目標

  • ・ストレスチェック受検率100%
  • ・働きがい度指数73以上
  • ・年次有給休暇取得日数(平均)15日以上
  • ・離職率3%
技術の発展が持続可能な社会の実現に貢献すると考え、お客様の要望を実現するための機能開発や品質改善を進めます。また従業員の教育や外部との連携を進めます。
当社は環境問題が人類共通の重要課題であることを認識し、「環境にやさしいものづくり」をスローガンとして、地球環境保全と社会への貢献を目指して活動します。

2030年3月までの目標

  • ・CO2削減30%(2013年度基準)
  • ・環境負荷物質管理法令違反ゼロ
大学や研究機関の最先端の知見と当社技術との融合で他社にできない技術開発により、持続的な社会の実現に貢献できる製品開発を進めます。

サステナビリティビジョン2030

ステークホルダーの皆様と共に価値を創造します

「AR-2030VISION」で掲げたビジョン「社会に貢献する企業として成長し続ける」ためには、まず社会ニーズを認識し事業の方向性を定めることが必須と考えています。サステナビリティビジョン2030を策定するにあたり、朝日ラバーが得意とするコア技術で期待されるイノベーションが、どのSDGsに貢献できるかを整理しました。そしてさまざまなステークホルダーとの対話やパートナーとして事業を推進することで価値を共創していきます。

製品、開発・技術についての詳細は以下をご覧ください。

製品情報

開発・技術情報