株式会社朝日ラバー

開発・技術情報

HOME > 開発・技術情報 > 技術情報 > 表面改質及びマイクロ加工技術

表面改質及びマイクロ加工技術

素材の表面を改質処理することによって接着させたり、微細な加工を施すことで機能を持たせ る技術です。素材変性技術が中身に機能を持たせるのに対し、外側から機能を発揮させる技術 です。

■無溶剤接着ICタグ

折り曲げに強く、耐水性・耐熱性に優れ、小型化された新ソフトIC タグ

小型の情報チップのひとつであるICタグ。物の識別に利用され、バーコ−ドに代わる技術として研究され進化しています。実用例として、大量の書籍を管理する図書館の自動貸し出しシステムに活用されたり、物流で用いられる運搬機器やビルの入退室管理に用いられるなど、使われ方は様々です。
私たちの表面改質技術である、溶剤を使わずに接着させる“無溶剤接着”により、IC チップやアンテナ部をゴム素材で覆い、折り曲げに強く、耐水性、耐熱性に優れた、柔らかい小型のIC タグが実現しました。


■マイクロ加工 二次電池や燃料電池のリリーフ弁

環境技術の一つ、二次電池や燃料電池にも なくてはならないパーツを提供しています

 電池のようにエネルギーを蓄える容器には、内圧が高まったときそれを逃がす機能が必須ですが、普段は蓋の役割を担い、内圧がある数値を超えたときに逃がすという難しい機能を要求されます。この機能を可能にしているのが、“マイクロ加工技術”です。最初にリリー フ弁として採用いただいたのは、充電して使える二次電池でした。
燃料電池をはじめ電池の進化には目覚しいものがあり、今後ますますリリーフ弁の必要性も高まります。積み重ねてきた経験とコア技術で、環境技術の一翼を担っていきます。

微小圧コントロールバルブ 製品ページへ

■マイクロ加工 医療器具の薬液混注ゴム栓

点滴の輸液バッグの、針を刺すゴム栓。ここにマイクロ加工技術が活きています

混注ゴム栓は、薬液を混注するシステムの部品です。従来のゴム製品は直接針を刺す仕様(ニードル仕様)ですが、現在針を用いない仕様(ニードルレス仕様)が増えています。昨今では医療用具を含め、医療業界では特に安全性が重要視されており、このニードルレス仕様のゴム栓は、針刺し事故が無く、更に確実な消毒作業が容易となっています。私たちは、このニードルレス仕様を実現させるため、マイクロ加工を施す事によりニードルレス仕様の機能(薬液注入口の形成及び薬液漏れ防止)を満足させることを実現し、医療用具の安全性に貢献しています。


■面状発熱体

面状発熱体をシリコーンゴムで絶縁封止した製品です。当社独自の熱伝導性シリコーンゴムが、高い熱伝導性と柔軟性、取り付けの際の密着性を発揮します。また「分子接着・接合技術」によって面状発熱体と熱伝導性シリコーンゴムが強固に接着・接合されており、防水はもちろん熱や衝撃、溶剤にも強い製品です。


■フレキシブルペルチェ

ペルチェデバイスの温調機能とゴムを組み合わせた開発製品です。ベースにゴムを使用することで軽量化を図り(従来比30%)、従来のペルチェデバイスにはなかった柔軟さで、曲面への容易な取り付けを実現しました。また、表面のゴムが設置面の凹凸を吸収するため、グリースなどの部材を必要としないことも特徴です。